花かんむり、フラワーリースに使う花の種類

花かんむりやフラワーリースに使うお花の種類をご紹介します。

今回は、わかりやすい白いバラで比較します。

■プリザーブドフラワー

image

生花をもっとも美しい時期に収穫し、保湿するための人体に無害な薬品や着色料に数日間~数ヶ月間浸し、植物が持つ水分と入れ替えて作られます。生花のような柔らかな肌触りと、いつまでもみずみずしい美しさを保つことが出来ます。また、生花にはない珍らしい色の花を作ることが可能です。

 

■アーティフィシャルフラワー

image

生花をリアルに再現し、布や化学繊維で造られた造花です。生花では出せない美しさや高い芸術性と耐久性があります。価格を抑えたい方におすすめです。こちらのお花は一般的なアーティフィシャルフラワーですが、お花の価格により いっそう生花に近いものがあります。

 

■高級アーティフィシャルフラワー

image

Kransでは、高級アーティフィシャルフラワーと記載しているアーティフィシャルフラワーは、写真のように質感が豊かに表現されています。標準のアーティフィシャルフラワーに比べ商品価格が高くなりますが、より本物のように出来上がっており、間近で見ても美しいのが特徴です。

 

■ソーラーフラワー

image

タイで雨期にのみ育つ水中植物のソーラープランツの皮をむき乾燥させ、スライスして花びらの形を作ったものです。年月と共に味わい深い色合いに変化しますが、永遠に楽しむことができます。

 

Kransでは、花の特徴を活かし色々な素材を組み合わせる事により 美しい花かんむやフラワーリースを作成しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*