花かんむりの髪型カタログ(結婚式)

花冠結婚式髪型ヘアスタイル

結婚式におすすめの、Krans花かんむりを使ったヘアースタイルのご紹介です。[ヘアスタイルの作り方]も掲載しているので参考にしてください。

【ダウンヘアースタイル】

青い花かんむり後ろ1「ナチュラルスタイル」

青い花かんむり後ろ2「リボンスタイル」

青い花かんむり後ろ3「花尾スタイル」

ナチュラルに髪を下ろしたスタイルです。素朴で飾らないアレンジが花嫁さまの美しさを引き立たたせ、年齢問わず多くのゲストに好まれるヘアスタイルです。Kransの花かんむりは、両はじがループ状になっているので、ダウンヘアーであっても3つのスタイルが楽しむ事が出来ます。

  • 花かんむりだけのナチュラルスタイル(両端のワイヤーをフック状に変え引っ掛けるスタイル)
  • リボンスタイル(両端のループにリボンを通すスタイル)
  • 花尾スタイル(一方のワイヤーをフック状にし好みの大きさのところに引っ掛けるスタイル)

■おすすめのウェディングドレスライン・・・・・・Aライン・エンパイアライン・プリンセスライン

 

【ハーフアップスタイル】

花かんむり髪型ハーフアップ

ハーフアップにアレンジしたスタイルです。エレガントでもありながら、気品があり大人のスイートと表現するのがぴったりのヘアスタイルです。小さな髪飾りにするのではなく、存在感のある花かんむりをヘッドドレスにすることで 結婚式の場にふさわしい華やかさが生まれます。優しく包み込むような雰囲気を創りだすこのハーフアップスタイルは、顔立ちや大きさに関係なく、多くの方に似合うヘアスタイルです。

[ヘアスタイルの作り方]

髪の半分より下をカールし、ハーフアップにアレンジします。後頭部あたりに高さを出すことにより、一層エレガントな仕上がりになります。Krans花かんむりを半分に折り、バランスを見ながら耳の高さに固定します。耳の高さに固定すると横から見たときに流れるような自然な仕上がりになります。

■おすすめのウェディングドレスライン・・・・・・エンパイアライン・マーメイドライン・Aライン・ミニライン

 

【プリンセススタイル】

花かんむり髪型プリンセス

まるで、お話や映画に出てくるようなプリンセスのように可愛らしいスタイルです。甘く香りたつようなロマンチックスタイルとも言えます。結婚式の主役にふさわしい存在感もありながら、守ってあげたくなるような可憐なイメージを合わせ持つヘアスタイルです。

[ヘアスタイルの作り方]

髪裾に大きめのカールをつけ、三つ編み・フィッシュボーンなどで髪をひとつに編みこみます。この時に、ゆるめに編み、バランスをみながら所々髪を引き出しておくのがポイントです。きっちり編み込んでしまうと、重い印象になってしますので注意してください。編んだ髪の最後はゴムでは結ばず、逆毛を立て固定するとふんわりと可愛いらしいイメージに仕上がります。Krans花かんむりは、まっすぐにのばし、頭頂部からスタートして先ほど編みこんだ髪を包み込むようにバランスよく巻きつけ固定します。

■おすすめのウェディングドレスライン・・・・・・プリンセスライン・Aライン・エンパイアライン

 

【サイドアップスタイル】

花かんむり髪型サイドアップ

サイドに流したヘアスタイルが洗練されたクールな大人のイメージを与えるスタイルです。花かんむりを、ヘッドドレスとして使うことで流れるような躍動感が生まれ、優美な花嫁さまの後ろ姿もゲストには印象深く、魅力的にうつります。

[ヘアスタイルの作り方]

髪裾を全体的にカールしておきます。髪をサイドにひとつにまとめ、輪を作りそこへまとめた髪を入れ横に流れるようにツイストヘアーにします。ロングの方は下の髪を内側に半分に折りこみ固定しておきます。Kransの花かんむりを半分に折り、バランスを見ながら固定します。

■おすすめのウェディングドレスライン・・・・・・スレンダーライン・マーメイドライン・Aライン

花かんむりの髪型カタログに、使用した花かんむりは結婚式にもぴったり青いバラの花かんむりです。

 

*ぜひ、こちらもご覧ください。

Krans花冠の特徴、結婚式花冠、ウェディング花冠Krans花冠の5つの特徴

花冠の内側花冠内側(髪に接する部分)の秘密

 

*ご自分で、‘‘簡単に‘‘花かんむりを作ってみたい方は、

花冠作り方100均簡単1「10分で作れる かわいい花冠の作り方」をご覧ください。