スウェーデンと花かんむり

「スウェーデン」と「花かんむり」全く関係がないようですが 実はとても深いつながりがあります。スウェーデンでは、多くの人が花かんむりを作る日があるのです。

スウェーデンでは、Midsommar(ミッドソンマル)という夏の到来をお祝いする伝統があり、日が一番長い日である、夏至の日をお祝いする夏至祭は最も大事な日とされています。毎年6月19日から26日の間の、夏至に最も近い土曜日に夏至祭りは開始されます。この夏至祭りでは、1年の健康を願い、また恋の成就を願って近くの森へ行き花かんむりを作るための花を摘み花かんむりを作ります。花かんむりを頭にのせ夏至祭りの中心となる街の広場にmajstång,midsommarstångと呼ばれるポールを立て(花や植物の葉で飾られています)、その回りで輪になり大人も子供も踊るのです。中には、民族衣装を着て踊る人もいます。そして、その夜、7種類の花を摘んで枕の下に置いて寝ると、夢に出て来た人と結ばれるっていう言い昔伝えがあるそうです。