The Fat Tuesday

Hej!

今日、2/17はFettisdagen(The Fat Tuesday)
ということで、Fika(フィーカ)のお供はSemla(セムラ)♪

「Fika」とは”コーヒブレイク”、”お茶すること”を言います。
コーヒーと一緒に、甘いものや軽食をとるのが一般的。

「Fettisdagen」直訳すると”脂肪火曜日”。なんて響きの悪い日なんでしょう…。

私はキリスト教徒ではない上、Fettisdagenについて詳しい事が分からなかったので
ネットからの情報を元にまとめてみました。
——-
Fettisdagenとは四旬節に入る前日、つまりイースター(復活祭)の46日前。
四旬節とは、キリスト教会暦において復活祭前日までの46日間から日曜日を除いた40日間の斎戒期間。
四旬節の間、人々は食事の節制や祝宴の自粛が行われていた。断食においては簡素な食事をとり、 楽しみとなるような食事は控えることが強調されていた。肉はもちろん、乳製品、卵をとらないことを意味している。
ということから断食前日、カナダ・イギリス・オーストラリア等の国々では卵・牛乳・砂糖などの旨味豊富な食材を消費するパンケーキを、スウェーデンではSemla(セムラ)を食べる習慣が出来た。
——-

「Semla」は簡単に言うと、シュークリームのシューがパンになった感じです。
かなりズッシリときます。
カルダモン味のパンの中身をくりぬき、そこへクラシックなものはアーモンドペーストと牛乳を混ぜ合わせたもの、その上にホイップクリームが加えられます。今日では、アーモンドペースト+バニラクリーム+ホイップクリーム、ブルーベリーホイップ+バニラクリームetc… 一味違ったSemlaが楽しめます。これらはスーパーでもケーキ屋さんでも買えますが、ケーキ屋さんで買えるのはクラシックなものが殆どです。

semla
(スーパーの広告より)

私達は、お気に入りのブルーベリーセムラを美味しく頂きました♪
夕食後のFikaだったので、お腹がはち切れそうになりました。